TOP  プライバシーポリシー head_03 お問い合わせ Tel.0470-62-0082

おもちゃひろば開催しました。

2014 08,23

いすみ市の齋藤工務店です。今日は千葉市の雨楽な家モデルハウスでおもちゃひろばが開催されました。0歳から木のおもちゃや、木の机、木の椅子、木の家に触れさせて五感を育み、健康で丈夫な子供に育てる「木育」という活動です。子供から大人まで大勢の方が来場され大賑わいでした。来月も開催予定ですので関心のある方は齋藤工務店までお問合せください。

IMG_1016.JPG



雨楽な家モデルハウス

2014 08,08

いすみ市齋藤工務店です。
8/14〜8/17の4日間、雨楽な家モデルハウスで家づくり相談会を開催します。
建て替え、新築、土地探し、ローン、税金、相続、贈与などなんでもご相談ください。
詳細は電話かメールでお問合せください。お待ちしております。(^ ^)

20140808-115754-43074912.jpg

20140808-115755-43075658.jpg



思い出を、手仕事で・・・。

2013 07,04

こんにちは!
半年ぶりのブログ更新です。

このペースではブログとはいえませんね・・・

これからは、仕事関係以外にも 自分のことも少しずつ
アップしていけたらと思います。

皆さんは、長年大事に使用しているもの ありますか?

私は 新しいものよりも 自分自身が使用して
使ってきた足跡が残っていくもの

例えば、それが シミであったり 傷であったり
色褪せであったり
それが愛着に変わり、自分だけのものになる。

そういうものって もう手放せません。

この下駄箱、
お客様が何十年もの間 共に過ごしてきた
建具四枚
それを、新しいお住まいの下駄箱として
新しい息を吹き込みました。

職人の手仕事でカタチにしました。



仕事始め

2013 01,08

明けましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

新年のご挨拶、遅くなりました。

さあ!
今日から、仕事始めです!


高校を卒業し、建築の世界へ足を踏み入れ
今年で14年目に突入です。

親方に言われた言葉、『職人に極みは無い、一生勉強』。

一生のうちで、どれだけになれるかは本当に自分次第。

今年は去年より、もっと自分に厳しくなりたいと思っている。

今年もまた一年間、頑張っていきます!
                           勇太☆



古民家のリホーム               ジャック

2011 06,24

 こんにちは齋藤工務店のアイドル犬、ジャックです。

今回は、築150年の古民家のリホームのお話です。
けやきの大黒柱のある、草葺屋根の立派なお宅です。

手こわしで、丁寧に壊していきます。

建物の下廻りの補強・ゆがみを直す為、1mほど持ち上げます。

150年家を支えた、けやきの大黒柱の柱脚の補強をしています。

近年では木の加工は作業場やプレカット工場などで加工しますが、
古民家の場合、柱の間隔など場所によって違う為、お施主様の
庭をお借りして加工しております。
後ろに見える建物は建物と同じ時代に立てられた長屋門です。

材料は地元で取れた、檜・松・杉を使用しております。

建物のゆがみを直してから、体力壁を入れて、建物の補強をします。

本来の建物の良い所を残して、現在の使いかってに合わせて
リホームをします。

草葺屋根や泥壁は『夏はすずしい・冬は暖かい』建物です。
良い所は残して、使いにくい所をリホームすれば、完成です。

                        齋藤ジャックでした



木材の等級

2011 04,27

こんにちは!齋藤工務店の勇太です!

今回は、建築には欠かすことのできない『木』
木材の等級について少しお話したいと思います。

『等級』
等級は、主に木材の化粧面で決まってきます。
節の大きさや、その数が基準となっているんです。

針葉樹では、節のないものを『無節』
節の数が増すごとに、『上小節』、『小節』
『特一等』、『一等』などと呼びます。

無節の材料は、無節の材面数が三面あれば『三方無節』
二面であれば『二方無節』などと呼び分けています。
また、一等材は部分的に角に丸太の丸みが
残っていることも特徴です。

『無節』は上等な材なので高価になりますが、
『一等材』は安価です。

1等 : 構造材/大小の節がたくさんあり、若干の死に節などもある。
     床板等では、大小の節があり、死に節は『節埋め』加工を
     している。丸太の丸みが残っている。
特等: 1等材とほぼ同等品。丸太の丸みはない。
小節: 直径25mm以下の節が1mごとに1個程度ある。
上小節: 直径10mm以下の節が1mごとに1個程度ある。
無節 : 節がない。木目や色合いも良好。

この様に、ただ『木材』といっても、様々な『等級』があります。
一昔の建築や、和室の造作などには上等で高価な『無節材』
がよく使用されていましたが、最近の建築では
『木』の風合い、味、ローコストということもあり
『節』のあるものを『見せる材木』として
使用する建築も増えてきています。

私自身も『節』のもつ、『木』本来の生きている証・・・。
大好きです!
                    勇太。



空間が変わる?

2011 02,15

こんにちは!斉藤工務店の勇太です!
何日か前に少し暖かくなりましたが
最近また、ぐぅ~っと寒くなりました・・・。

風邪などひかないように毎日お風呂で
体を温めていきたいですよね!

今回は・・・、

空間が変わる???

・・・・、     何が変わる?

空間の・・・。

今回の空間というのは、部屋の空間変化のこと
なんです!
といっても、私が感じたことなんですが。

まずは、この部屋。

どうでしょうか・・・。
といっても、これだけ見てもわかりませんよね。

この部屋は漆喰壁の白色に青色のブラインドが
映えてすごくいい感じです。

では、

次の部屋はというと・・・、

はい!


どうでしょうか!

皆さんもうお気付きかもしれませんが、
どちらの写真も同じ部屋なんです!

そうなんです!
電気の色が違うだけなんです!

電球二つ変えるだけで、まるで別世界です。
これだけで、無垢の木の雰囲気がよりいっそう
引き立ってきます!

皆さんもご自分の好みに合わせて
部屋の空間変化を楽しんでみてはいかがでしょうか?
                              勇太☆



道具にこだわる・・・。

2011 01,27

こんにちは!齋藤工務店の勇太です!!!
去年はほとんどブログ更新できていませんでした・・・。
今年こそは!     という気持ちで更新していきます!

今年最初の更新は!

道具にこだわる・・・。

大工道具といえば・・・???
と言われて、皆さんはまず何を思い浮かべますか?

・・・・・。

はい!   今日は、私が使用している『げんのう』・・・、
分かりやすく言いますと『かなづち』について・・・。


この四本が、私のものです!
かなり年期が入り、いい味がでています。
道具も機械化が進むこの時代に、大工として
こういった『道具』には、こだわっていきたいと
私は思っています。 
愛着もわいてきますし!


ちなみに、右側の三本は新潟の鍛冶屋さんのものです。
 
これからも、自分のこだわりの『道具』を使い、
皆さんのこだわりの『空間』を造りあげていきます!!!
                                勇太



2011年度も!!!

2011 01,15

明けましておめでとうございます!!!
今年度もどうぞよろしくお願いいたします!

新年のご挨拶が遅くなってしまい、申し訳ありません。
2011年度もどうぞよろしくお願いいたします。


今年も、皆様の『夢』と『希望』を造り、形にする
という『やりがい』のある仕事に日々、コツコツと
努力を重ねていきます!!!
                 齋藤工務店一同



2010年・・・。

2010 12,30

2010年も、もう残すところあと僅かですね!
今年一年間を振り返ると、本当に感謝の年でした。
私たちを日ごろ支えて下さっている、職人の皆さんや
何よりも、今までかかわることのできた全ての皆様に
『感謝』『感謝』『感謝』であります!!!


来年2011年も、今までかかわることのできた皆様や、
これから『家造り』等でかかわっていく皆様のため、
齋藤工務店一同、日々努力を続けていきます!!!

2011年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
                          齋藤工務店一同



生きる節。

2010 04,23

こんにちは!齋藤工務店の勇太です!!!
最近、暖かくなってみたり寒くなってみたり・・・、
着る服も春物になってみたり、冬物になってみたり・・・、
体調も、なかなか調子が上がりませんよね・・・。
皆さんはどうでしょうか?

私も体調を崩さないよう、体調管理しっかりやっていきます! 

それにしても、今日は寒い・・・。

さて・・・、

今回の『勇太ブログ。』は・・・、

生きる節・・・、    生き節のことです。


昔、柱等には『無節』のきれいな木目の物を使用するのが
一般的だったと思います。
『無節』の材木は高価です。
しかし、最近はいろいろな意味で『節あり』の物が多く使用される様に
なってきている様です。
確かに、『無節』の物に比べればローコストです。

この『節あり』の材木の魅力・・・、私は他にもあると思います。

それは何よりこの『生き節』が、木が育った証ということ。
本物の証ということなんです!
あえて『生き節』のある物を使用することで、その『木』の持っている
『無垢の木』本来の魅力を肌で感じることができると、
私は思っています。
これからも、たまに私の職人目線で感じる『無垢の木』の魅力をアップしていきますので
よろしくお願いします。
               勇太。



食べてみたい・・・。

2010 04,03

こんにちは!齋藤工務店の勇太です!!!
最近、寒くなったり、暖かくなったり・・・。
体の調子も不安定になります。

そろそろ春本番でしょうか。
桜も開いてきましたし、お花見もいいですね!

今回は・・・、
食べてみたい・・・、

!!!!!!!!!!

出ました!!!!!

皆さんは、ハンバーガーお好きでしょうか???
実は、私は大好物なんです!
マクドナルドもいい・・・、モスバーガーもいいですね。
とにかく大好きなんです!

こんなハンバーガー食べたことありません!
でも、食べてみたくありませんか?

確実に、一つ食べれば満腹です!!!

生きてるうちには、一回は食べてみたいです!!!
こんなハンバーガー食べれる所があったら、
ぜひ、教えていただきたいです!!!
では、また次回の更新で・・・☆
                    勇太。



建築豆知識!その1

2010 03,18

こんにちは!齋藤工務店の勇太です!
最近、なかなか『現場情報』の更新ができなくて
本当に申し訳ありません! 
今年になって、またリホームの現場が増えてきました!
皆様にいろいろな現場を見ていただくため、現場情報の
更新 頑張っていきます!!!
もちろん、新築現場の情報更新もしていくので
楽しみにしていてください!!!

今回の『勇太ブログ。』は・・・。
建築の豆知識を少し・・・、   
今回は、木材の性質について少し話したいと思います。

『木』は、伐採してから その木の育った年月以上長持ちする
と言われています。木造住宅を建てるには、木材の性質を十分に掴み
その性質を生かしていかなければいけません。
『木』は、含まれている水分の量が強度に大きく影響します。
そのため、十分に乾燥していることが重要です。

乾燥が十分でないと、収縮、ねじれ、反り、などが生じやすくなります。

以前は、乾燥させるために半年以上も寝かせて十分自然乾燥させてから
使っていました。
しかし、現在では乾燥室に入れて蒸気を入れながら『人工乾燥』
させたものを使うことが多くなってきています。

『無垢材』は生きているということですね!
ですから、年月がたつにつれ 段々と風合いが増していく・・・。
木の性質を知れば、どんどん無垢の材料への魅力が増していきます。

私も、これからさらに『無垢材』の魅力に気づかされていくんだろうなぁ・・・。
                                            勇太。



昔の家に学ぶ・・・。

2010 02,24

こんにちは!齋藤工務店の勇太☆です。
そろそろ花粉の季節がやってきます・・・  すでに目が・・・
ムズムズしてきました。 今年もつらいのかなぁ・・・
毎日、毎日『木』の中で仕事をしているのにもかかわらず、
花粉症は一向に治る気配がありません。
花粉症の皆様!今年も頑張って乗り切りましょう!!

さて、
今回は、『昔の家に学ぶ』ということで、
はたして『昔の家』はどんなものだったのか・・・。

昔の家づくりは、自分の家を建てるために山に木を植え、
木が生長する期間以上に長持ちする家を建てていました。
そのような昔の家づくりには、現代にも生かしたい
工夫点があります。

◎『深い軒
昔の家の特徴となる深い軒は、雨の多い日本の風土で、
壁や構造体に雨をなるべくかけず、家を長持ちさせるために
重要な役割を持っていました。また、夏の日差しを遮り、
冬の日を部屋の奥まで入れるなど、『深い軒』が
日照をコントロールする機能を果たしていました。

◎『すべて自然素材
家に使われる材料は、木、土、石、紙など、
土に還り、呼吸する『自然素材』だけを使っていました。
地域の素材でエネルギー消費も少なく、
自然循環のなかで永続的にまかなえる仕組みも
整っていました。

例を挙げれば、他にもありますが、
このように『昔の家』から学ぶことは、これからの『建築』
にとっても、本当に大切なことだと思います。

私も『建築人』として、学ぶべきことは まだまだ沢山ある
と実感しています。
これから、もっともっと視野を広げて学んでいけたらと
思っています!!!
             勇太☆



共に育つ・・・

2010 01,14

こんにちは!齋藤工務店の勇太☆です!!!
最近、本当に寒いですね。朝起きるのがつらいです・・・。

実は、去年の春先から同僚のよっくんに勧められて
釣りを始めたんです!ブラックバスなんですが。
今では、すっかり夢中になってしまいました!!!
が、しかし・・・  ・・・・・。
冬になると、ブラックバスも寒くて元気がなくなってしまい、
なかなか釣れなくなってしまいます・・・。

人間もブラックバスも、寒さは苦手なんですよね。
それでも・・・    釣りたい・・・。
釣れない時期に釣ってこそ!!!!!!
と、意気込んでいますが・・・、  なかなか釣れません。

ですが、自然の中で過ごすのも いいものです。
これからも『釣り』は、いい趣味として続けていきます!

自分の話はこれくらいで・・・、

本題に入りたいと思います!

今回の『共に育つ・・・』というのは、『無垢材』のことです。
私は、長く使えて、使うと共に味が出て・・・、
そして、自分だけの『愛着』が沸き、『唯一無二』の物になる・・・。

そんな『物』に惹かれてしまいます。
その一つとして、『無垢材』があります。


これは、桧の『無垢材』を使用した床板です。


月日が経つにつれて、素晴らしい変化を見せてくれます。
艶が増し、何とも言えない『飴色』に育っていきます。

そうなんです、もはやこれは『変化』ではなく、『育つ』。
共に育っていく・・・
私はそんな『無垢材』が大好きです。
                      勇太☆



喜び・・・。

2010 01,09

明けましておめでとうございます!齋藤工務店の勇太☆です!!!
今年は、去年以上に少しでも皆様の力になれる様に、
努力していきます!!!どうぞ、宜しくお願いいたします!!!

2010年度、初のブログ更新!!!
私の感じる『喜び・・・』
それはまさに、お施主様の『喜びの声』、『笑顔』です。

工務店ができる事・・・、それは『お施主様と職人のふれあい』
家を建てれば『一生のお付き合い』になります。
どんなに、些細なことでも遠慮はいりません!
私は、家を建ててからの『お付き合い』を大事にしていきたいです!


この写真の様に、『笑顔』の溢れる家造りを目指し
今年も精一杯、『家造り』に励みます!!!
                          勇太☆



新年も・・・

2010 01,09

皆様、新年明けましておめでとうございます!
2010年度も、齋藤工務店一同 皆様の『夢』、『創造』
を形にするため『リホーム』、『一般新築』、『雨楽な家』と
力を尽くしていきます!!!

 

新年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
                      齋藤工務店スタッフ一同



今年は・・・。

2009 12,30

今年、2009年はいろいろな方々にお世話になりました。
齋藤工務店一同、本当に、本当に感謝しています。


来年、2010年もお客様の夢と創造を形にするため
誠心誠意、努力を重ねていきます!!!

皆様も風邪などひかないよう、良いお年をお迎えください!

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
                        齋藤工務店一同



目を惹く物・・・。

2009 12,17

こんにちは!齋藤工務店の勇太☆です。
2009年も、残すところあと僅かですね!
あと半月・・・、身も心も引き締めてやっていきます!!!

ところで、 普段皆さんは  車で走っている時や
歩いているときなどに、目を惹く物・・・ありませんか??

何気なく見過ごしてしまいがちですが、私は出来るだけ
写真などに残したいと思っています。

建物、動物、風景、置物・・・・・、とにかく
何でもいいんです(笑)

あとで振り返ると、懐かしくもあり・・・、
その時のことも思い出せます☆

私も、建築人として 『目を惹く物』を残せる様
日々 努力していきたいと思います!!!
                         勇太☆



温もり・・・。続編☆

2009 12,08

こんにちは!齋藤工務店の勇太☆です!!!
最近、また寒さが増してきましたね!
新型インフルエンザが流行していますが、皆さんは
何か予防、対策などしていますか?
自分は『手洗い、うがい』だけは、しっかりやっています。
『健康第一』!!!ですからね☆

さて、今回は・・・
前回の続編、『温もり(続)』です。

無垢の自然素材を実際に使用した例をご紹介したいと
思います!!!
 
こちらは、『杉』の無垢材を使用した、床の様子です。
材の質感は勿論ですが、この自然な色合いからも
無垢材 特有の『温もり』を感じます。


こちらは、『桧』の無垢材です。
桧は、『水に強い』という材質の特性から
玄関や、台所、脱衣所、トイレなどの『水まわり』
に使用することが多いです。
『桧』の いい香りが広がります!

無垢材は、新建材と違い 年月を重ねるにつれ
段々と艶が増していきます。
自分の家だけの、『味』が出てくるんです。

家族と共に 育ち、一生付き合っていく『家』。

その『家』をお施主様と一緒に『形』にする『喜び』。
                              勇太☆